スポンサードリンク

Line6G10はギターワイヤレス!デジタルはプロもオススメ!

今回は気になる機材の話です。

2016年6月にギター界の新定番になるであろう物が発売されました。
それは・・・
Line6 G10です!

デジタルの革命的なメーカーであるLine6が作った
デジタルワイヤレスの新製品なのです。
20160621-20160621-20160621

これまでワイヤレスと言えば
何十万もする高級品。
音質はシールドと比べると、劣化しているのは当然とわかっているけど・・・
ワイヤレスの自由度は憧れの的でした。。

しかし、ワイヤレスはアナログ方式なのでノイズと戦わなければ
ならない物。というのは当然のことでした。
プロ御用達のEX-Proと言えど、ノイズには悩まされたものです。

しかし!!
PODの大ヒットで有名になった
デジタルに超強いメーカーLine6からデジタルワイヤレスが発表されたのです。

RELAY G30が発表された時は
衝撃的!でした。
line6_g30c
音声をデジタル化することにより
超低ノイズを実現!
さらに!音質も実用できるレベルに改善されたのです。
(シールドと比べると、音質の劣化はありますよ)

そして一番嬉しいのは、価格!
約3万で、使えるワイアヤレスが手に入るのです。

↓ネット通販で、定番ワイヤレスのLine6 RELAY G30を探す!
(現在の価格は??)下の写真をクリック。


そして今回発売となった新製品の
Line6 RELAY G10は、
伝送距離は約15mと、ワイヤレスにしては短いが
いつもは3mのシールドに繋がれていると考えると、十分使える!と判断します。

しかも!
トランスミッターが無い!!
ジャック(プラグ)と同化しているのです。
g10-line6-626x470
ギターにトランスミッターを繋ぐだけで、
する音が出せる!という手軽さが非常に良いですね。

20160621-IMG_1663-s
ストラトに使うとこんな感じです。

気になるのは音質ですが、
非常に厳しく判断する人の評価は、「音質の劣化」が気になるようです。
デジタル処理&電源電圧が低い(本製品はUSBを使用しているので5V)

ロングセラーとなっている
Line6 RELAY G30は9Vです。

新製品のG10は音がペラペラになる。と一部で評価されているようですが、
「音質は問題無し!」という声も多数あり、

使う人の価値観によって評価がわかれているようです。

しかし、25000円以下で手軽に使えるワイヤレスが手に入るなんて・・・
良い時代になりました。

↓下の画像をクリックで、ネット通販でLine6 RELAY G10を探せます!


エフェクターボードに組み込みたい人でG10を使うのを躊躇している人もいるようですね。
o0600039913380366578

G10のレシーバーは充電器としの機能もあるのでAC100Vとなっているのです。
でも・・・USBコネクタ(MicroUSB)を使っている。ということはACアダプターを使ってレシーバーへ5Vを給電していると考えます。。。

ということは・・・スマホの電源が使えるのでは??
モバイルバッテリーってやつ。

もしくは、9V→5V変換のDC-DCコンバーターを自分で作るとか・・・
三端子レギュレーターを使えば、簡単に自作出来ると思います。。
(モバイルバッテリーやDC-DCコンバーターのくだりを採用する場合は、自己責任でお願いします。)

機材で悩むのは結構楽しいですね。

しかし・・・
機材に負けないように練習しなければ・・・

良い機材持っていても、下手だと・・・
非常にかっこわるので・・・

でも、Line6 RELAY G10は邪魔なシールドがいらなくなるので
練習回数も多くなるかもしれませんね。

上達の手助けになる可能性大!です。
自分の技術上達のために、購入しているのも賢い選択のように思いますが、
いかがでしょうか??

Sponsored Link


お読みいただきありがとうございます!

最後まで読んでいただきありがとうございました。
もし、役に立ったのであれば、はてブ、いいね、ツイートで
情報をシェアしていただけるとすごく嬉しいです。

関連記事一覧

タグ: 2016年7月15日 | コメントは受け付けていません。 | 未分類